アガペの里

介護サービスとは

Q 40歳以上で64歳までの人でも介護サービスを利用できるのかしら?

A 誰でも介護サービスを利用できる訳ではないのですが、40歳から64歳までの方 (医療保険に加入している方)第2号被保険者の方が介護サービスを利用できるのは 老化が原因とされる16種類の病気により、介護が必要となった方が介護サービスを利用することができるんです。(要介護者・要支援者)

老化が原因とされる16種類の病気ってどんな病気なの?

がん *医師が一般に認めらている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に 至ったと判断したものに限る
関節リウマチ
筋委縮性側索硬化症
後縦靭帯骨化症
骨折を伴う骨粗鬆症
初老期における認知証
進行性核上性麻痺 大脳皮質基底核変性症 及びパーキンソン病
脊髄小脳変性症
脊柱管狭窄症
早老症
多系統委縮症
糖尿病性神経障害、 糖尿病性腎症 及び糖尿病性網膜症
脳血管疾患
閉塞性動脈硬化症
慢性閉塞性肺疾患
両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
分かりにくい場合には主治医に問い合わせをされれば良いですよ。 

Q この前、私は関節リウマチと骨粗鬆症って主治医から診断されたわ・・・16種類の病気に入っているわね。明日からでも介護サービスが利用できるのかしら?

介護保険制度を利用して、介護サービスを受けるに当たっては、事前に市町村による要介護者または要支援者の認定が必要になるんです。

Q 要介護者または要支援者って・・・どうしたら市町村に認定してもらえるの?

まずは、申請書に被保険者証(第2号被保険者は、医療保険の被保険者証)を添えて 住所地の市町村などに申請するんです。(認印が必要になります。)
40歳から64歳までの2号被保険者の場合には「保険証」がありませんので 「交付申請書」を代わりに提出します。(主治医の氏名・医療機関名・住所も尋ねられるので 診察券など用意されて行かれたら便利ですよ。)

Q 申請って難しそうね・・・よく分からないわ・・・

被保険者であるあなたのご家族さま(民法上の代理)でも申請はできますよ

Q 主人は単身赴任で・・・週末の土日にしか自宅には帰って来れないから申請には 行けないわ。子供達に負担をかけたくないしね。

指定居宅介護支援事業者(介護保険法上の代行)や地域包括支援センターも 申請してくれますよ。

Q そうですか・・・でも知らない人に相談しにくいし・・・申請まで頼めないわ。

あなたの個人情報をお守りするアガペの里にお気軽にご相談されて下さい。

介護保険の申請をしてからはどうなるの?

担当の窓口から「訪問調査」の日程の連絡がきますよ。

Q 「訪問調査」ってどんな調査をするの?

担当職員がご自宅を訪問し、ご本人様とご家族様に質問して「訪問調査票」の項目に関して チェックします。「訪問調査票」の内容をコンピュータが判断した結果が「一次判定」となります。

Q「一次判定」っていうことは・・・この後どういうことになるの?なんだか不安だわ。

ご安心ください。市町村がご本人様の主治医に請求する「主治医の意見書」と「一次判定の 結果」と訪問調査員がチェック事項以外で特に伝えたい「特記事項」などをもとに 「介護認定審査会」で「二次判定」が出されます。

Q 「介護認定審査会」ってどんなところ?

「介護認定審査会」とは市町村が設置する保健・医療・福祉の学識豊富な経験者数名ほどで 構成されている機関ですよ。

Q その「二次判定」の結果はいつ頃、分かるの?

原則的には申請日から30日以内で判定(要介護度の決定)結果がでますよ。 そして、結果通知書と要介護度が記載された被保険者証がご本人様に送付されます。
特別な理由で遅れる時には、その理由と見込み期間が通知されます

Q 「介護保険証を申請する窓口」ってどこのこと?市町村って言われても分からないわ。

そうですね。「介護保険証を申請する窓口」とはお住まいの住所地の区役所の地域福祉課にあるんですよ。指定居宅介護支援事業者や地域包括支援センターの職員が代行して申請を行うこともできますので、申請の代行をご依頼されても良いですよ。

Q そうですね。でも、申請の代行の手数料などはどのくらい必要なんですか?

申請の代行を指定居宅介護支援事業者や地域包括支援センターに申請の代行をご依頼されても手数料など不要ですよ。

Q そうなの。安心したわ。

域包括支援センターでは「指定介護予防支援事業者」として要支援の方の介護サービス の計画(ケアプラン)を作成するなどの機能もありますよ。

Q  地域包括支援センターで介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらえるのは要支援の方だけなの?

はい。要支援者の方だけなんです。

Q じゃあ、要介護者になったら、どこで介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらったら いいの?

要介護度の判定結果がでたら居宅介護支援事業所のケアマネージャーが家族や利用者 ご本人と相談しながら、ケアプランを立ててくれますよ。
そして、利用するサービスを提供する事業者を選び、いつどのようなサービスを受けられるのか具体的に話し合って決定されます。
連絡や様々な調整もすべて担当したケアマネージャーが行いますよ。
この介護サービス計画(ケアプラン)の作成に関しては利用者のご負担はありません。

 Q 介護サービスが利用できるまでには時間がかかりそうね。主人は単身赴任で月に2回 土日に連休がある時にしか自宅には帰ってこれないし、子供達とは別居しているから ほとんど独り暮らしのようなものだから心細くてね。

それは、そうですね。介護保険は原則として、住所地の市町村の窓口に申請をして、要介護認定(介護の必要度) を受けてからでなければ利用できません。ただし、急を要する場合(独り暮らしや老齢世帯で 介護者がいないなど)は、特例として申請前からサービスを受けることもできますが、その 場合には、窓口である市区町村役場か地域包括支援センターなどでご相談されて 早急にヘルパーさんの助けが必要である病状を伝えらてはいかがでしょうか?

Q そうね。でも、一人で役所に行っても何をどう言って相談したらいいのか分からないし

アガペの里の介護福祉士またはサービス提供責任者を付き添わせましょうか?

Q いいの?

はい。お任せください。早急に日時を調整して同行させて頂きますよ

Q ありがとう。助かるわ。ヘルパーさんもアガペの里さんで頼めるかしら?

はい。ありがとうございます。ケアマネージャーと連絡を取り合ってアガペの里のヘルパーを 派遣させて頂きますね。